FC2ブログ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/08/01 (Sat) 13:16
第二話「ドムと三兄弟」

 
試合前のデッキシャッフルで、牽制は既に行われていた。

「「「吠え面かくなよ、なあ?」」」
「そっちこそ」
 
 睨み合い。視線はどちらも相手の心を刺し貫かんとするもの。正式な試合では有り得ない行為だが、これは憎悪の支配する私闘。

(闘いはもう始まっているんだ……!)

 歩はこの時点で自分は負けていたんだと実感した。三人の嬲るような視線に屈服していたのだ。蛇に睨まれた蛙のようでは、試合で全力は出せない。だが炎のような勇輝の視線は全く揺らいでいなかった。

 コイントスにより先行が勇輝に決まる。
 そして試合が始まる。

続きを読む »

スポンサーサイト

2009/07/31 (Fri) 03:46
第一話「出会いとはじまり」

 少年は困っていた。

(おっかしいなぁ、この辺のはずなんだけど……)

 手にした地図をぐるぐると回し、首を捻っている。ぼりぼりと黒髪の頭を掻いてみるが、やはりわからない。
 と、目の前を力なく横切った男の子が、何かを落とした。

(手帳? 丁度いいや、ついでに道も教えてもらおう)
「おーい、落し物だぜ、えーと『早乙女歩』くん」
「え……?」
「ほら、生徒手帳……っておいおい、どうしたんだよその顔。喧嘩か?」

 ゆっくりと首を横に振る歩。背が小さく、気の弱そうな、いかにもいじめられっ子という見た目だ。
 どうした、と言われた顔は確かに傷だらけで、擦りむけた頬が痛々しい。よく見ると服もところどころ泥に汚れている。

続きを読む »

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。